AI、IoT活用へ行程表 経産省が新産業構造ビジョン

2017/5/29 12:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は29日、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoT技術の活用を柱とする第4次産業革命の実現に向けた新産業構造ビジョンをまとめた。2030年を目標年次とし、自動運転の普及によって運転手が原因の交通事故を半減させることなどの将来像を提示。そのために必要な制度改革や法整備の行程表も示している。

経産省が産業政策に関する包括的なビジョンをつくるのは10年以来となる。6月に政府がま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]