/

インサイダーで2人、相場操縦で1人に課徴金命令 金融庁

金融庁は28日、半導体商社のトーメンエレクトロニクス株でインサイダー取引をしたとして、大阪府の50歳代男性と埼玉県の70歳代男性に課徴金納付命令を出したと発表した。課徴金額は459万円と99万円。また金融庁は同日、電気機器のC&Gシステムズ株などを巡って相場操縦したとして、岐阜県の40歳代の男性に382万5千円の課徴金納付を命じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン