百田氏「沖縄2紙、本気でつぶれたらいい」 講演で

2015/6/28付
保存
共有
印刷
その他

作家の百田尚樹氏は28日、大阪府泉大津市で講演し、自民党勉強会での「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」との自らの発言に触れ「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と話した。

講演を聞いた人によると、共同の抗議声明を出した沖縄タイムスと琉球新報に対し「おかしな話だ。私の話を何も聞いてない。伝聞にすぎない」と批判。さらに「まだしばらく2紙とはやりあっていかないといけない」と述べた後「本気」発言をした。

百田氏は講演の最初で、勉強会での発言について報道陣が冒頭取材を終えて退出後にオフレコで述べた一言だったとあらためて強調した。

講演では、発言が報じられて炎上し、腹が立ったため短文投稿サイトのツイッターに「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と投稿したとも話した。

講演会を主催した泉大津青年会議所は、報道陣の取材を認めなかった。講演後に百田氏が会場から出る際、共同通信の記者が質問したが、百田氏は応じず、車に乗り込んだ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]