「民泊」一般住宅でも、農漁村対象に 地方創生へ規制緩和

2015/10/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は旅行者が訪問先で個人宅に泊まる「民泊」の規制を農村や漁村を対象に緩和する。現在も農漁業体験などで訪れた旅行者が対象なら、宿泊施設の規定を満たさない農家や漁師の住宅でも民宿として営業できる。今後はこれに加え、一般民家も使えるよう厚生労働省の省令を2016年度にも改正する。宿泊施設が少ない地域で民家を活用し地方創生を促す。

民宿を営むには客室の延べ床面積が33平方メートル以上でなければ許可され…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]