憲法9条に自衛隊、公明支持層は慎重 本社世論調査
与党幹部「51%程度の賛成では国民投票に持ち込めぬ」

(1/2ページ)
2017/5/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社の世論調査で、憲法9条に自衛隊を明記することに「賛成」は51%に上った。憲法改正は国会が発議した後、国民投票で過半数の賛成を得る必要がある。ぎりぎりの過半数ではなく、幅広い賛成が必要との意見は与野党に根強い。公明党支持層では「自衛隊」明記に反対が賛成を上回り、与党内で温度差もある。改憲には世論の理解をどこまで広げられるかがカギになる。

戦争放棄や戦力不保持を定めた今の条文を変えずに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]