/

前原氏「名を捨てて実を取る」 希望への合流正式表明

両院議員総会であいさつする民進党の前原代表(28日午後、民進党本部)

民進党の前原誠司代表は28日午後の党両院議員総会で、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」への合流をめざす方針を正式表明した。前原氏は「もう一度、政権交代を実現する大きなプラットフォームを我々が作る。名を捨てて実を取る決断にご理解をいただきたい」と述べた。

前原氏の提案は、次期衆院選で(1)民進党からの立候補内定者の公認を取り消す(2)希望の党に公認を申請する(3)民進党は候補者を擁立せず希望の党を全力で支援する――ことが柱。10月10日公示―22日投開票の衆院選で野党候補の一本化をめざし、与党に対抗する。

前原氏は、党内に「全員を(希望に)受け入れてもらえるのか」という懸念があることについて「誰かを排除するということではない。安倍政権を倒すことを一緒にやりたい」と呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン