2019年2月20日(水)

外務省、対外発信予算で500億円増 15年度概算要求

2014/8/29付
保存
共有
印刷
その他

外務省は29日、2015年度予算の概算要求をまとめた。総額は14年度当初予算比で10.8%増の7380億円とし、広報体制強化など対外発信予算として約500億円増やした。大使館9カ所と総領事館6カ所の新設など在外公館強化に59億5千万円、職員研修など人的体制強化で58億6千万円を盛り込んだ。政府開発援助(ODA)関連予算は同9.2%増の4621億円とした。

ロンドンやサンパウロなど世界の主要都市に広報拠点「ジャパン・ハウス」を設ける施設関連経費として52億円を要求。首相や外相らの外交経費は、外国出張などが増えていることを受け、14年度当初予算より約6億7千万円多い16億円強を求めた。外務省の定員を114人増やし、5901人にすることも掲げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報