/

冷凍牛肉の緊急輸入制限を発表 財務相、8月から

(更新)

麻生太郎財務相は28日の閣議後の記者会見で、米国産などの冷凍の輸入牛肉に対してセーフガード(緊急輸入制限)を8月1日から発動すると発表した。現在38.5%の関税率が来年3月末まで50%に上がる。輸入増加に歯止めをかけて国内の農家を守るためだが、冷凍の輸入肉は外食産業で幅広く使われており、消費への影響は避けられない。

牛肉のセーフガードは輸入量が前年度四半期の117%を超えた場合に自動的に関税を引き上げる仕組み。発動は約14年ぶり4回目となる。麻生財務相は「粛々と執行していく」と語った。米国側の反発が予想されることには「(今秋にも開く)日米経済対話などを活用して議論することになる」と述べた。

山本有二農相は閣議後の記者会見で「(制限対象は)輸入牛肉全体の2割にとどまる。消費者への影響は限定的と考えている」と語った。

日本と経済連携協定(EPA)を締結済みのオーストラリアなどを除く国が関税上げの対象となる。日本市場で豪州とシェアを二分する米国がもっとも影響を受ける。

豪州産牛肉が干ばつの影響で高値推移したことなどから、長期保存がきく米国産の冷凍肉を買いつける動きが加速。今年4~6月の冷凍牛肉の輸入量がセーフガードの発動基準を上回った。

2003年には米国の制止要請を振り切ってセーフガードを発動した経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン