2019年9月19日(木)

港湾、AI活用で輸送コスト削減 国交省

2017/6/11 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省はコンテナ貨物を扱う港湾の運営に人工知能(AI)を生かす。AIが貨物の置き場所や配置の順番を指示したり、出荷のタイミングをメーカーに伝えたりする。荷物の積み下ろしにかかる時間を短縮し、渋滞緩和でトラックの輸送コストも減らす。同省は国の基幹インフラである港湾の効率化で、物流業界の生産性を向上する。

同省は2018年度予算で必要経費を確保する方針。IT(情報技術)企業や海運会社などとの実証…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。