/

この記事は会員限定です

港湾、AI活用で輸送コスト削減 国交省

[有料会員限定]

国土交通省はコンテナ貨物を扱う港湾の運営に人工知能(AI)を生かす。AIが貨物の置き場所や配置の順番を指示したり、出荷のタイミングをメーカーに伝えたりする。荷物の積み下ろしにかかる時間を短縮し、渋滞緩和でトラックの輸送コストも減らす。同省は国の基幹インフラである港湾の効率化で、物流業界の生産性を向上する。

同省は2018年度予算で必要経費を確保する方針。IT(情報技術)企業や海運会社などとの実証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン