/

与野党はや臨戦態勢 衆院解散、総選挙へ

衆院が28日午後の本会議で解散されたことを受け、与野党の対決ムードが高まった。自民、公明両党は、小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」への民進党の事実上の合流に危機感が高まっており「政策置き去りだ」と批判。民進、共産両党など野党は今回の解散について学校法人「加計学園」や「森友学園」をめぐる問題の疑惑を隠すものだと訴える。

与党には小池氏を軸とした野党結集に危機感が高まっている。安倍晋三首相(自民党総裁)は党両院議員総会で「1990年代に新党ブーム、2009年に民主党ブームが起こった。もたらしたものは混乱と経済の低迷だ」と批判した。選挙戦では「誠意を持って真面目に愚直に政策を訴え続け、戦い抜いていこう」と呼びかけた。

二階俊博幹事長はNHK番組で「侮ることなくしっかり対応したい」と語った。菅義偉官房長官は記者会見で「国民が見ているのは新党の組み合わせではなく、どのような政策を掲げて実行していくかだ」と訴えた。自民党は28日午前の政調会合で、公約に幼児教育の無償化などの推進や憲法改正、北朝鮮への対応などを重点項目に掲げる方針を確認した。

公明党の山口那津男代表は28日午前、党会合で「衆院選は政権選択の選挙だ。これまでの実績と新たな展開について分かりやすく訴え、腹を決めて一致団結しよう」と語った。

民進、共産、自由、社民の野党4党は首相の「大義なき解散」を批判し、28日の国会を欠席した。民進党の大島敦幹事長はNHK番組で「森友、加計の疑惑に一切、首相が説明責任を果たさない自己保身解散だ」と批判した。選挙戦の争点は「首相の政治姿勢そのものだ」と語った。共産党の小池晃書記局長も「解散は疑惑隠しの党利党略だ。安倍暴走政治を終わらせる」と訴えた。希望の党については「自民党の補完勢力だ」と断じ、野党共闘の対象にならないとの認識を示した。

希望の党所属の国会議員らは28日、国会内で集まり、選挙戦に向け結束を確認した。党代表の小池都知事の側近である若狭勝前衆院議員はNHK番組で「自民党政権、しがらみ政治を大掃除したい」と語った。目標議席について「政権交代可能な数は頭に入れていかないといけない」と強調した。

日本維新の会の馬場伸幸幹事長は同番組で、議員定数や公務員人件費の削減など「身を切る改革」で捻出した財源で、教育無償化を実現する政策を訴えた。衆院で法案提出が可能な21議席以上の獲得をめざす目標を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン