企業統治や知財への投資、情報開示の手引き 経産省

2017/5/28 20:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は、企業統治の強化や知的財産・人材への投資など、財務以外の情報を企業が積極的に開示する手引をまとめた。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など機関投資家の間では長期的な価値向上に注目して投資先を選ぶ「ESG投資」が広がっている。そうした投資に必要な企業側の情報開示や、投資先を評価する際の注目点を示す。

手引では、経営戦略や社会貢献策のほか、人材育成・研究開発投資などの「無形資産」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]