/

この記事は会員限定です

75歳以上の窓口負担2割に 社会保障費抑制で

財制審

[有料会員限定]

財務省は27日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)を開き、社会保障費の抑制に向けた検討を始めた。高齢化などによる国の社会保障費の増加を2020年度までの5年間で2.5兆円程度に抑えるよう提起。具体策として75歳以上の医療費の窓口負担割合を2割に引き上げることや高所得者の基礎年金を減額する案などを示した。

政府は6月末をメドに財政の健全化目標を20年度に達成する計画をつくる。麻生太郎副総理・財務相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン