「共謀罪」法案で首相「確実な成立を」

2017/5/28 0:54
保存
共有
印刷
その他

【タオルミナ=島田学】安倍晋三首相は27日、主要国首脳会議(タオルミナ・サミット)の閉幕後に記者会見し、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会での成立に理解を求めた。「丁寧で、できる限りわかりやすい説明を心がけ確実な成立を期したい」と語った。サミットで法整備への取り組みを説明し、各国から支持を得たことも明らかにした。法案成立のための会期延長の可能性については「国会が決めることだ」と述べるにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]