/

この記事は会員限定です

予算案、火種抱え参院へ 森友学園・「共謀罪」で野党攻勢

[有料会員限定]

2017年度予算案が衆院を通過し、年度内成立が決まった。2月中に参院で審議に入るのは18年ぶりで、ここまでは与党ペース。だが学校法人「森友学園」への国有地売却や、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」の新設を巡り、火種も抱える。28日からの参院での実質審議を前に、政府・与党からも懸念の声が出始めた。

「レッテル貼りはやめましょうよ」。27日の衆院予算委。安倍晋三首相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン