/

野党、「加計学園」も追及 戦略特区で獣医学部新設

民進党の桜井充氏は27日の参院予算委員会で、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、政府の国家戦略特区制度を使って大学の獣医学部を新設する経緯について質問した。

加計学園は来春、愛媛県今治市に学園が経営する岡山理科大の獣医学部を開設する予定だ。獣医学部の新設は、獣医師の数が増えすぎる懸念などを背景に、過去50年以上認められてこなかった。しかし政府は四国に獣医学部がないことなどを理由に「国家戦略特区」を使って新設の道を開き、今治市も用地の無償譲渡を決めた。

首相と加計学園の理事長は会食やゴルフをともにする友人。桜井氏は、昭恵夫人が学園運営の保育施設の「名誉園長」に就任したと指摘したうえで「森友学園と全く同じような構造になっている」と強調した。「利害関係があって、こうなっているのではとあらぬ疑いをかけられる」とただした。

首相は「私とつきあいがあるかは全く考慮されない。考慮して戦略特区の認定が行われるなら措置としておかしい」と関与を全面否定。「(予算審議も)最後なんだから議論を冷静にしよう」と質問に不快感を示した。

今月13日の参院予算委でも、社民党の福島瑞穂氏が加計学園を巡る問題を追及。首相は「働きかけていたら責任をとる」と語っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン