2019年5月24日(金)

無形資産への投資促進 経産省、支援制度を拡充

2017/4/27 20:14
保存
共有
印刷
その他

経済産業省は企業によるビッグデータの活用や知的財産など「無形資産」に対する投資を促すため、支援制度を拡充する。無形資産投資を評価するための指針を作ったり、補助制度などを拡充したりして、企業の無形資産への投資を増やしたい考えだ。

27日に開かれた産業構造審議会(経産相の諮問機関)の部会で、制度を拡充する考えを示した。

企業の収益を生む源泉は工場や設備のような有形資産から、特許・ノウハウなどの知的財産や、ビッグデータなどの無形資産に移行しつつある。経産省はこうした分野の研究開発や人材開発の資産性を評価する方法について指針を作る。無形資産投資を進めた企業への補助金や税制優遇策も検討する方針だ。

無形資産への投資は、短期的な成果が出にくいため長期投資になることが多い。機関投資家による理解も欠かせないことから、投資内容の開示を充実するための指針なども作成する。

同日の部会では、「国が持っているビッグデータが開放されるかが不明確で、民間がデータ分野への投資に二の足を踏むきっかけになっている」(ディー・エヌ・エーの南場智子会長)と、政府の姿勢に対して注文もついた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報