/

この記事は会員限定です

小池新党「非自民・非共産」狙う 増税凍結・脱原発が柱

[有料会員限定]

「10月10日公示―22日投開票」予定の衆院選を前に、小池百合子東京都知事が「非自民・非共産」勢力の結集に向けた準備を加速している。「今なら勝てる」との読みで仕掛けた安倍晋三首相の解散戦略を逆手に「消費増税凍結」や「原発ゼロ」などの基本政策や理念を矢継ぎ早に示し、野党の駆け込み再編を自ら主導している。

「今こそ、しがらみのない政治を大胆に行っていかねばならない」。小池氏は27日、都庁近くのホテルで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン