2018年9月23日(日)

衆院解散 重要法案軒並み先送り 働き方やIR、施行に遅れも

2017/9/27 20:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散することに伴い、重要法案の審議が軒並み先送りされる。残業時間の上限規制を導入する「働き方改革関連法案」やカジノを中心とする「統合型リゾート(IR)実施法案」などが棚上げとなる。衆院選後の臨時国会は日程が窮屈な上、来年度予算の編成が控えるため、法案の審議は来年の通常国会に持ち越される見通しだ。

 政府は働き方改革関連法案として、残業時間の上限規制、「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報