/

この記事は会員限定です

特許庁、旧姓を容認 省庁で初、公的文書含め全業務

[有料会員限定]

特許庁は、職員にすべての業務で結婚前の旧姓の使用を認める。公的文書への記名なども対象にする。中央省庁では初めての試み。28日にも正式発表する。職員が結婚後も旧姓を自由に使え、働きやすい環境にする。

行政処分など庁外に出す書類も対象。これまでは職場での呼称など特許庁内の業務に関してのみ旧姓使用が認められていたが、すべての業務に開放する。給与明細な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り173文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン