年金受給開始、70歳超も選択可能に 有識者会議提言

2017/9/28 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 高齢化社会に対応した社会保障制度を検討する内閣府の有識者会議は、公的年金の受給開始年齢を70歳より後にすることができる制度改革を求める提言をまとめた。2025年には団塊の世代が全員75歳以上になる。労働人口が減るなか、受給開始年齢を遅らせることで高齢者の就労促進につなげる。年金の給付総額を抑え、国の財政悪化を和らげる狙いもある。

 提言は10月2日の会議で決める。政府は提言をもとに、今後の社会政策…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

田村憲久小泉進次郎厚生労働省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
23日 22:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報