/

北海道新幹線、高速化を先延ばし 19~20年度に

国土交通省は27日、2018年春をめざしていた北海道新幹線の高速化を先延ばしする方針を明らかにした。青函トンネル内で高速運転するための準備に想定より時間がかかるためだ。19~20年度の実現をめざす。航空機より新幹線を選ぶ目安は4時間未満とされる。東京―新函館北斗は最短4時間2分。国交省は新幹線の運行本数を減らさない限り、年に数日しか「4時間切り」はできないとの見解もまとめた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン