/

この記事は会員限定です

日韓関係改善の動き「評価」75% 本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で、安倍晋三首相が進めている日韓両国の関係改善について「評価する」は75%にのぼり「評価しない」の14%を大きく上回った。28日の日韓外相会談では、最大の懸案である旧日本軍の従軍慰安婦問題の最終決着を目指している。慰安婦問題では日本が「譲歩する必要はない」が57%を占め「譲歩する必要がある」の24%を大きく上回った。

首相は11月にソウルで朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン