/

軽減税率の適用範囲「評価」56% 本社世論調査

日本経済新聞社とテレビ東京による25~27日の世論調査で、2017年4月に消費税率を10%に引き上げる際、酒と外食を除く食品全般に8%の軽減税率の適用が決まったことを「評価する」が56%で「評価しない」の34%を上回った。10%への消費増税には「反対」が47%で「賛成」が42%。同様の質問をした10月調査と比べると反対は9ポイント低下し、賛成が6ポイント上昇した。

安倍内閣の支持率は11月下旬の前回調査から1ポイント低下の48%、不支持率は前回と同じ36%だった。

消費増税について、首都圏では賛成が48%(10月調査から7ポイント上昇)で、反対の41%(9ポイント低下)を逆転した。関西圏では賛成43%(3ポイント上昇)、反対45%(8ポイント低下)でほぼ並んだ。一方、首都圏・関西圏以外では反対が50%(9ポイント低下)と、賛成の40%(7ポイント上昇)をなお上回っている。

新聞や出版物への軽減税率の適用については「新聞と出版物を対象にしたほうがよい」が39%。「新聞も出版物も対象にしなくてよい」が32%。「新聞だけでよい」が18%、「出版物だけでよい」が4%と続いた。与党税制改正大綱は定期購読契約を締結した週2回以上発行の新聞に軽減税率を適用、書籍や雑誌は引き続き検討するとした。

自民党の支持率は横ばいの37%、民主党は2ポイント低下の6%、無党派層は43%で3ポイント上昇した。

調査は日経リサーチが全国の成人男女を対象に乱数番号(RDD)方式で電話で実施。有権者のいる1367世帯から1002件の回答を得た。回答率は73.3%だった。

◆本社定例世論調査(12/25~27に実施。単位%、カッコ内は11月調査。四捨五入したため合計が100%とならない場合がある)
Q1.あなたは安倍内閣を支持しますか、しませんか。
支持する48(49)
支持しない36(36)
いえない・わからない16(15)
Q1SQ1.(「支持する」と回答した人に)支持する理由は何ですか。次の8つからいくつでもお答えください。
自民党中心の内閣だから24(21)
政策がよい19(19)
国際感覚がある22(32)
指導力がある34(31)
安定感がある34(36)
人柄が信頼できる20(19)
清潔である8(7)
政府や党の運営の仕方がよい19(13)
その他2(1)
いえない・わからない6(7)
Q1SQ2.(「支持しない」と回答した人に)支持しない理由は何ですか。次の8つからいくつでもお答えください。
自民党中心の内閣だから42(39)
政策が悪い40(45)
国際感覚がない8(9)
指導力がない10(11)
安定感がない18(18)
人柄が信頼できない26(27)
清潔でない7(7)
政府や党の運営の仕方が悪い35(35)
その他2(1)
いえない・わからない5(4)
Q2.あなたは今、どの政党を支持していますか。ひとつだけお答えください。
自民党37(37)
民主党6(8)
公明党4(3)
共産党4(5)
維新の党0(0)
おおさか維新の会3(3)
改革結集の会0―
社民党1(1)
生活の党と山本太郎となかまたち0(0)
日本を元気にする会0(0)
日本のこころを大切にする党0(0)
新党改革0(0)
その他の政党0(0)
支持政党なし43(40)
いえない・わからない2(2)
※「日本のこころを大切にする党」は11月調査では「次世代の党」
Q3.あなたは安倍政権の経済政策「アベノミクス」を評価しますか、しませんか。
評価する38
評価しない44
どちらともいえない12
いえない・わからない7
Q4.安倍政権に来年、優先的に処理してほしい政策課題は何ですか。次の中からいくつでもお答えください。
景気対策38
財政再建30
年金など社会保障改革54
規制改革7
原発・エネルギー政策24
地方の活性化32
憲法改正12
外交・安全保障25
その他1
いえない・わからない7
Q5.安倍首相は2017年4月に消費税率を10%に引き上げる考えです。あなたはこれについて賛成ですか、反対ですか。
賛成だ42
反対だ47
どちらともいえない9
いえない・わからない2
Q6.消費税率を10%に引き上げる際、お酒と外食を除く食料品に8%の軽減税率を適用することが決まりました。あなたはこれを評価しますか、しませんか。
評価する56
評価しない34
どちらともいえない6
いえない・わからない4
Q7.自宅などで定期購読する新聞は軽減税率の対象になりましたが、書籍などの出版物は対象とするか引き続き検討することになりました。あなたは新聞や出版物の軽減率の扱いについてどうした方がよいと考えますか。
新聞と出版物を対象にしたほうがよい39
新聞だけでよい18
出版物だけでよい4
新聞も出版物も対象にしなくてよい32
その他0
いえない・わからない7
Q8.あなたは夫婦が別々の名字を選べる選択的夫婦別姓制度に賛成ですか、反対ですか。
賛成だ35
反対だ52
どちらともいえない9
いえない・わからない3
Q9.次の衆院解散・総選挙はいつが望ましいと思いますか。
できるだけ早く11
来年夏の参院選と同日29
解散を急ぐべきではない46
その他0
いえない・わからない14
Q10.安倍首相は先月、韓国の朴槿恵大統領と会談し、両国の関係改善を進めようとしています。あなたはこれを評価しますか、しませんか。
評価する75
評価しない14
どちらともいえない3
いえない・わからない8
Q11.安倍首相は両国の懸案である従軍慰安婦問題について、譲歩する必要があると思いますか、思いませんか。
譲歩する必要がある24
譲歩する必要はない57
どちらともいえない7
いえない・わからない12

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン