/

三笠宮さま逝去で首相が謹話

安倍晋三首相は27日、三笠宮さまの逝去を受け「悲しみの念を禁じ得ません。国民と共に謹んで哀悼の意を表します」との謹話を発表した。「昭和時代からの長きにわたり、昭和天皇および今上陛下を助けられ、国の平和と国民の福祉のために貢献してこられた」とした。「国際親善やスポーツなど幅広い分野にわたり、重要な役割を果たされ、国民と親しく接せられた」と生前をしのんだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン