TPP、再び閣僚会合へ 日米「合意見通せず」

2014/10/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=坂口幸裕】日米など12カ国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の閣僚会合は27日、共同声明を採択して閉幕した。主催国のオーストラリアが掲げた大筋合意の手前となる「基本的要素(骨格)」での合意には達せず、数週間以内に再び閣僚会合を開くと確認しただけにとどまった。関税や知的財産権の保護など難航分野の隔たりは大きく、年内の大筋合意への道筋はなお見通せていない。

全体の閣僚会合に先立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]