厚労省も高齢者の就業後押し 企業への助成金増額検討

2015/5/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省も働く高齢者を後押しするため、65歳以上の人を雇う企業向けの助成金を増やす検討に入った。初年度で最大90万円としている助成金の額を引き上げたい考えだ。雇用の安定や技能の向上のために積み上げた雇用保険の積立金を活用する。

シルバー人材センターの規制を緩めることも検討する。シルバー人材センターは登録した人に駐車場の管理や介護の補助といった仕事を紹介している。しかし、働ける時間は週20時間ほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]