財政健全化、「本丸」社会保障改革で応酬 諮問会議

2015/5/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)は26日、財政健全化の「本丸」と位置付ける社会保障改革について厚生労働省との調整に着手した。塩崎恭久厚生労働相は割安な後発医薬品の普及率を2020年度に80%に引き上げる改革案を示したが、民間議員が求めた抜本改革には触れなかった。甘利明経済財政・再生相は改革案を不十分として「汗をかいてもらいたい」と再検討を要請した。

「医療・介護費の伸びの適正化の実現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]