/

民進、衆院小選挙区で公認6人内定

民進党は26日、次期衆院選の小選挙区で新人と元職計6人の公認内定を決めた。7月の参院選では、群馬で新人の堀越啓仁氏の公認、新人の鎌谷一也氏の比例代表名簿登載、新潟で元職、森裕子氏の推薦もそれぞれ決めた。衆院選の公認内定を決めた坂田隆徳氏の参院選和歌山での公認内定を取り消した。

衆院の内定者は次の通り(数字は選挙区、敬称略、※は元職、ほかは新人)。

茨城(3)安部一真▽神奈川(2)岡本英子※▽大阪(2)尾辻かな子(5)長尾秀樹(8)松井博史▽和歌山(2)坂田隆徳

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン