/

キルギスにODA137億円 首脳会談

道路改修や空港の機材整備

【ビシケク(キルギス首都)=福岡幸太郎】中央アジア5カ国を歴訪中の安倍晋三首相は26日、キルギスの首都ビシケクでアタムバエフ大統領と会談した。日本の首相がキルギスを訪問するのは初めて。日本が道路改修や空港の機材整備など総額137億円を政府開発援助(ODA)で支援することで合意した。

首相は26日夜にカザフスタンに到着した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン