/

新国立公文書館、憲政記念館敷地に建設決定

衆院議院運営委員会は26日の小委員会で、新たな国立公文書館を憲政記念館(東京・千代田)敷地内に建設すると正式に決めた。地質を調査したうえで具体的な建設計画づくりに入る方針を全会一致で確認。最も大きな延べ床面積を確保するため、新館と憲政記念館を1棟で整備する案が有力だ。

松野博一小委員長は26日、記者団に「今年度末をめどに規模や機能などについて政府に報告を求める」と語った。新館の建設にあわせ、憲政記念館の再整備も必要になる見通しだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン