民主・岡田代表、共産との候補者調整「粘り強く」

2015/9/26付
保存
共有
印刷
その他

民主党の岡田克也代表は26日、宮崎市で記者会見し、安全保障関連法を廃止するため暫定的な連立政権の樹立が必要とする共産党の提案に関し「非常にハードルが高い」と述べ、重ねて否定的な考えを示した。来夏の参院選で1人区での候補者調整が重要だと強調。「志位和夫委員長と具体的な話はしていないが、目標は同じだ。粘り強く議論したい」と語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]