閣僚、GW外遊を見直し 外相が短縮、防衛相は中止

2017/4/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緊迫する北朝鮮情勢を受け、4月下旬からの大型連休の海外訪問予定を見直す閣僚が相次いでいる。安倍晋三首相が当初7日間だった外遊日程を4日間に短縮したのに続き、岸田文雄外相はサウジアラビア訪問を中止し、訪問先を米国とトルクメニスタン、オーストリアの3カ国に絞った。稲田朋美防衛相は予定していたベトナム訪問自体を取りやめた。

いずれも北…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]