介護職員、35年に68万人不足 経産省推計

2016/3/26 23:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は介護施設で働く職員が2035年に68万人不足するとの推計をまとめた。介護を受ける高齢者が増加する一方で働く世代の減少で職員の数は微増にとどまる。平均賃金が高い地域では給料を上げるだけでは十分な人手を確保できないため、IT(情報技術)の活用などで効率化すべきだとした。

将来の介護需要に即した介護サービス提供に関する研究会の報告書として公表した。35年時点で295万人の介護職員が必要にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]