危険な空き家に判断基準 国交省発表

2015/5/26付
保存
共有
印刷
その他

国土交通省は26日、市町村が倒壊の恐れなどがある「特定空き家」を判断する際の参考基準を発表した。(1)建物に20分の1超の傾斜が認められる(2)ゴミの放置で臭いや多数のネズミなどが発生している(3)多数の窓ガラスが割れたまま放置されている(4)シロアリが大量発生して周辺に飛来し悪影響を及ぼす恐れがある――などと例示した。空き家対策の特別措置法が同日全面施行となり、市町村が特定空き家と認めると除却命令などができ従わなければ代わりに執行もできるようになった。

太田昭宏国交相は同日午前、閣議後の記者会見で「空き家の利用や除却に取り組む市町村をしっかり応援していきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]