/

この記事は会員限定です

米産冷凍牛肉に緊急輸入制限 豪産高騰余波、関税上げ

[有料会員限定]

米国産の冷凍牛肉の日本への輸入量が一定量を超えたため、政府は8月1日からセーフガード(緊急輸入制限)を発動する。来年3月末まで現在38.5%の関税率を50%に引き上げる。干ばつの影響でオーストラリア産牛肉が高値で推移したため、米国産牛肉の輸入量を押し上げたことが背景。輸入牛肉の4割を占める米国産の関税引き上げは消費価格に上乗せされる可能性がある。

輸入牛肉にセーフガードをかけるのは約14年ぶり4回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン