/

タクシー初乗り410円、都内で実験 国交省が8月5日から

国土交通省は26日、8月5日からJR新橋駅東口など東京都内の4カ所のタクシー乗り場で、初乗り運賃を410円に引き下げる実験をすると発表した。日本交通(東京・千代田)などのタクシー会社が初乗り運賃下げを申請しており、実験によって短い距離で気軽にタクシーを使う「ちょい乗り」がどの程度増えるかを検証する。

実験は9月15日まで。新橋駅のほか、東武浅草駅前、JR新宿駅東口、東大病院前(東京・文京)で順次実施する。現在、東京23区の初乗り運賃は2キロメートルまで730円だが、実験では1.059キロメートルまで410円、その後237メートルごとに80円が加算される仕組みとする。約1.7キロメートルまでは現行より安い。

初乗りが410円のタクシーは日本交通など23社から40台を選び、4カ所だけで利用できるようにする。実験に参加した人にアンケートをして利用実態を調べる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン