対テロ・北朝鮮でG7協調 実効性には課題も

2017/5/27 1:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【タオルミナ=島田学】26日に開幕した主要国首脳会議(タオルミナ・サミット)の最初の討議は、核・ミサイル開発を加速する北朝鮮への対応や、英国での自爆テロ事件を受けたテロ対策が主要テーマとなった。米国第一を掲げるトランプ米大統領を迎え各国の協調姿勢を打ち出したが、実効性のある具体的な協力に移すには課題も多い。

北朝鮮問題では議長のイタリアのジェンティローニ首相がトランプ氏と安倍晋三首相を指名し議論…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]