/

この記事は会員限定です

シッター減税見送り 17年度改正、政府・与党方針

[有料会員限定]

政府・与党は2017年度税制改正でベビーシッター費用を所得税から減税する仕組みの導入を見送る方針だ。自民党の文部科学部会が要望していたゴルフ場利用税の廃止も、地方自治体の反発が強いため先送りする。

ベビーシッター減税は、厚生労働省などが要望していた。ベビーシッター費用の一定割合を所得税額から差し引き、育児と仕事を両立している共働き世帯の税負担を軽くする狙いだった。

政府・与党内では当初、所得税の各...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン