/

この記事は会員限定です

民進、結党1年 自民1強への対立軸見えず

(更新) [有料会員限定]

民進党は27日、旧民主党と旧維新の党の合流による結党から1年を迎えた。合流で他の野党との議席差が大きくなり、野党第1党としての重みは増したものの、党勢は低迷している。原発政策や財政政策で明確な対案を絞り込めず、「自民1強」への対立軸は見えにくい。7月の東京都議選は苦戦が予想され、蓮舫代表は正念場を迎える。

「提案路線を堅持し、政権を取ったら何をやるのか明確にしたい」。民進党の野田佳彦幹事長は26...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン