民進、結党1年 自民1強への対立軸見えず

2017/3/26 23:30 (2017/3/27 0:09更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民進党は27日、旧民主党と旧維新の党の合流による結党から1年を迎えた。合流で他の野党との議席差が大きくなり、野党第1党としての重みは増したものの、党勢は低迷している。原発政策や財政政策で明確な対案を絞り込めず、「自民1強」への対立軸は見えにくい。7月の東京都議選は苦戦が予想され、蓮舫代表は正念場を迎える。

「提案路線を堅持し、政権を取ったら何をやるのか明確にしたい」。民進党の野田佳彦幹事長は26…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]