/

この記事は会員限定です

原発事故の想定費用下げ 経産省検討、電力各社の対策反映

[有料会員限定]

経済産業省は原子力発電所で事故が起きたときの費用の見積もりを従来より引き下げる検討に入る。電力各社が2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、安全対策を強化しているのを反映する。賠償などにかかる原発事故の想定費用は11年時点の政府試算より大幅に減る可能性もある。

経産省が26日に開く有識者会合「発電コスト検証ワーキンググループ」で案を示す。政府が民主党政権時代の11年に示した試算では、原発の発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン