/

この記事は会員限定です

自動運転車の技術を共通化 トヨタやホンダ、東大など

安全確保に重点 政府、国際標準へ後押し

[有料会員限定]

トヨタ自動車やホンダなど自動車メーカーは自動運転車の安全走行のカギを握る技術や部品を共同開発する検討を始める。走行中に危険を察知するセンサーの技術や運転を制御するソフトの一部を共通化し、開発コストを引き下げる。米グーグルや独ダイムラーとの開発競争をにらみ、政府も東大などを巻き込んで共同研究拠点を新設し、競争力強化と国際標準づくりを後押しする方針だ。

経済産業省や国土交通省が月内に開く検討会に日産自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン