/

この記事は会員限定です

アダムズ方式 20年以降導入 公明容認、与党合意へ

[有料会員限定]

自民、公明両党が衆院選挙制度改革を巡り、新たな都道府県への議席配分方法「アダムズ方式」を2020年国勢調査に基づいて導入する案で合意する見通しになった。早期導入を求めていた公明党が連立の枠組みを重視して20年調査での導入を容認する方向に転じた。抜本改革は先送りされ、野党の反発は必至。自公両党は与党だけでの法改正も辞さない構えだ。

与野党は28日に大島理森衆院議長のもとに集まり、アダムズ方式への対応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン