2019年1月24日(木)

14年度の育休取得率、男女とも上昇 厚労省

2015/6/25付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は25日、2014年度の雇用均等基本調査で育児休業取得率の速報値を公表した。女性は前年度と比べて3.6ポイント上昇し86.6%、男性も0.27ポイント上がり2.30%だった。29人以下の小さな事業所での取得率の上昇が、全体の数字を押し上げた。

女性の育児休業取得率は07年度から80%以上で安定している。一方、男性の取得率は2%前後と低迷が続いている。国は20年度に男性の取得率13%を目指しているが、大きく下回っている。

調査は昨年10月1日時点の状況についてまとめた。女性は12年10月1日から13年9月30日の間に出産し、14年10月1日までに育休を開始した人が対象。男性は同じ期間に配偶者が出産し、育休を取った人を対象にした。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報