/

「コンパクトシティ」、12都市選定 UR支援制度

独立行政法人都市再生機構(UR)は25日、市街地に商店や行政などの機能を集約する「コンパクトシティ」整備の支援制度で12都市を選定したと発表した。選ばれた函館、水戸、宇都宮、新潟、富山、松本、岐阜、浜松、富士、高松、山口、久留米の各市はURと協力して年度内をメドに応募内容の具体化に向けた調査を進める。

高齢化が進むなか、コンパクトシティは効率的な街づくり策として注目されている。URは自治体に不足する細分化した土地の権利調整のノウハウや、低利での資金調達などを通じて、選定した自治体を支援していく。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン