/

この記事は会員限定です

輸出、リーマン危機以来の落ち込み 今年下期は持ち直しも

[有料会員限定]

1~6月の輸出額がリーマン・ショック直後以来の落ち込みだったのは、世界経済の減速に年初からの円高が追い打ちをかけたためだ。中国経済の過剰設備問題など海外経済の本格回復にはなお時間がかかるとみられ、英国の欧州連合(EU)離脱問題に伴う金融市場の動揺など先行き不透明感も根強い。ただ2016年後半は輸出に持ち直しの動きが出てくるとの期待もある。

期待が広がっているのはIT分野だ。スマートフォン需要の低迷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン