/

この記事は会員限定です

クレジットカードのIC化 対応端末の普及に遅れ

[有料会員限定]

▽…クレジットカード本体に集積回路(IC)チップを埋め込むこと。ICは従来の磁気ストライプに比べ膨大な情報を記憶でき、情報を暗号に変えることもできる。そのため、変造や解析が難しく、偽造や不正利用対策として優れているとされる。日本では本人確認に暗証番号を使うのが一般的で、旧来型の磁気ストライプもカード本体についている。

▽…日本ではカードの不正使用被害の増加を受け、IC化が進み始めたが、普及率はなお65...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン