/

この記事は会員限定です

火力発電所にODA120億円 日ウズベク首脳会談で合意

[有料会員限定]

【タシケント(ウズベキスタン首都)=福岡幸太郎】安倍晋三首相は25日、ウズベキスタンの大統領公邸でカリモフ大統領と会談し、日本が火力発電所の建設に政府開発援助(ODA)で120億円を低利融資することで合意した。化学肥料プラント建設など産業の多角化でも日本の官民が協力することを確認した。

医療分野では日本製のコンピューター断層撮影装置(CT)など7億円相当の医療機器の無償提供が決まった。

首相は「官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン