2019年1月17日(木)

「駆けつけ警護」英訳不要 政府、ローマ字で表記

2016/11/25 20:15
保存
共有
印刷
その他

駆けつけ警護の英訳は「kaketsuke―keigo」――。政府は25日の閣議で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊に付与した新任務について「英訳を作成する必要があるとは考えていない」とする答弁書を決定した。公式文書の英訳はローマ字で表記し、かっこ書きで内容を説明している。

民進党の逢坂誠二氏は質問書で「国連や諸外国の関係機関から誤解を招きかねず、現地で活動する自衛官の生命に危険を与えかねない」と批判した。

駆けつけ警護は、離れた場所にいる国連職員らを助ける任務を名付けた通称。こうした任務は、外国では軍隊の行動として珍しくないとされる。日本ではこれまで憲法9条が禁じる「武力行使」に当たる可能性が指摘され、その是非が長年議論になってきた経緯がある。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報