/

GPIF、7~9月の収益3.6兆円 国債比率50%割れ

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が25日発表した7~9月期決算によると、収益は3兆6223億円の黒字となり、3四半期ぶりの高水準だった。保有する日本株が値上がりしたほか、円安で海外資産の評価額が膨らんだ。資産額は130兆8846億円と過去最高となった。

GPIFは国民が納めた厚生年金国民年金の保険料を、あらかじめ決めた資産構成の目安に従って運用している。

日本株の比率は17.8%に上がり、9月末時点の資産構成の目安の上限となる18%に迫る。国内債券の比率は48.4%と目安の下限となる52%を下回り、初めて50%を割った。GPIFは10月末に国内債券をほぼ半減し、国内外の株式を倍増する新たな資産構成の目安を発表した。新しい目安をにらんで、あらかじめ資産の入れ替えを進めていたと見られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン