参院選準備、与野党が加速 自民は8月に1次公認

2015/7/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

来年夏に改選を迎える参院議員の任期が25日で残り1年となり、与野党は選挙準備を加速させる。自民党は8月上旬に1次公認40人超を決める方向で、新たな支援組織としてIT(情報技術)業界などから比例代表候補の擁立を探る。民主党は衆参同日選を警戒し、参院選と並行して衆院選の準備も進める。

参院選の「1票の格差」を是正するため、「合区」を含め定数を10増10減する法案は28日に成立する見込みで、「18歳選…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]